初のプレミアムフライデーの2月24日、ローソン&デニーズを巡り、湯河原で話題のアノ場所に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
「2/24(金)、オープン初日のGensen Cafe(源泉カフェ)に1泊してプレミアムフライデーを満喫!」のアイキャッチ画像

先日、プレスデーにご招待いただいた「Gensen Cafe(源泉カフェ)」ですが、今度はプレスではなくお客さんとして、実際に利用したいと思ってました。
せっかくなら(カフェを運営する旅館に)1泊したいと思ってプレスデーの場で予約状況を確認すると、カフェのオープン日の2月24日に空室発見!
速攻で予約し、24日のオープンを楽しみに待ちました。

いよいよ出発!でも24日は初のプレミアムフライデーなので…

今回、東京から湯河原まではクルマで向かいます。高速道路を利用すれば早いのですが、24日は初のプレミアムフライデーということもあり、魅力的なサービスもたくさんありました。
そこで、ちょっと早めに出発して、道中に楽しむようにしました。

小田原に到着し、ローソンで休憩。どのコンビニでも良いのではなく、ローソンでないとダメなんです。
その理由はコーヒー1杯無料です。
さらに、プレミアムフライデーの1日しか販売しないプレミアムシュークリームがあります。

というわけで、無料と有料の2つのプレミアムフライデーのサービスを組み合わせたプレミアム休憩になりました♪

せっかくなので、もう1つ寄り道します

予定通り14:30ごろに湯河原到着。
このまま15:00にチェックインする予定だったのですが、実はもう1つ寄りたい場所がありました。

それがデニーズです。

メニューには無い「山盛りポテト」が15時~24時までのわずか9時間だけ販売され、お値段はなんと99円です。
500円以上の注文が必要ですが、シェア可能なので2人分のドリンクを注文することでクリア。
本当は1人1皿食べたかったのですが、楽しみにしている夕飯が食べられなくなるので自重です。

ついにGensen Cafeに到着です

寄り道してしまいましたが、目的地のGensen Cafeに到着です。
暖簾に「THE旅館(THE RYOKAN TOKYO)」の文字がありますが、こちらが今日の宿泊の宿です。THE RYOKAN TOKYO内のレストランがGensen Cafeなんです。
カフェから旅館の客室の移動はこんな感じ。プレスデーに撮影した360度動画です。

しかし、今回のお目当ての客室は個室ではなく、1人1泊3,000円程度のドミトリーなんです。
普通なら、このクオリティの旅館に相部屋(ドミトリー)を提供することなどあり得ないのですが、THE RYOKAN TOKYOは海外の旅行者もターゲットにしてます。

そのため、バックパッカーにはお馴染みのドミトリーが用意されているのですが、入り口脇に鍵付きの専用ロッカーが用意され、幅120cmのベッド、枕元には照明のほか、両サイトに合計3つのコンセント(充電するのに超便利)など、Gensen Cafeに負けず劣らず超快適のゆるゆる空間です。
カップルや夫婦の場合も、男女共用なので隣同士、あるいは上下という感じで手配してもらえます。

そして温泉につかります

元々タクシー会社の保養所だった場所をリノベーションしているので、決して広いわけでもなく、露天風呂もありません。
でも加水なしの源泉こそがウリです。無色透明の弱アルカリ性の温泉ですが、超ぬるぬるになるようなものではなく、自然にしっとりする感じです。
温泉の場合、キツイと湯あたりすることも多かったので、何度も入ることが難しい場合もありますが、こちらは個人差にもよるとは思いますが、何度も入れる優しいお湯だと思います。

さらに嬉しいのが、特製の「無料デトックスウォーター」を温泉に持ち込んでOKという点。
湯船への飲料の持ち込みを禁止しているところも多いのですが、禁止どころか「ぜひ温泉で味わってください」と積極的に伝えているところに、お湯とデトックスウォーターへの自信を感じることができますね。

食事は「GensenCafe自慢の白鶏ラーメン」をチョイス

いよいよ食事です。
最近人気がある「お風呂+カフェ」では、どちらもメニューに工夫をされているのですが、こちらの特徴はGensen(厳選)Cafeという点です。

厨房は決して有名なレストランのシェフがやっているのではなく、調理師のリーダーを中心に地元の主婦の方もいらっしゃるのですが、全員で試行錯誤を繰り返して美味しいというメニューを考えているそうです。
お店によっては「どれが美味しいですか?」と聞くと、「すみません、私は食べたことが無いんです」という返事が戻ってくることもあるのですが、こちらの場合は「私も××が一番好きです」という感じで、自分たちが美味しいと思ったものを出してくれるのが最大の魅力です。
この日も今後のメニュー展開についての熱心な相談を受けました。

そんな厳選メニューの中のお気に入りはラーメン(GensenCafe自慢の白鶏ラーメン)です。
全粒粉の細麺なのでヘルシーで、コラーゲンたっぷりというトロっとしたスープが非常に美味しいんです。時として不健康な食事の象徴になるラーメンですが、このラーメンなら健康的じゃないか…と思える一品です。
ラーメン専門店のインパクト重視の路線(濃い味付け、固めで弾力重視の麺)とは対照的なので、逆に新しさを感じました。

ダメ元で大盛はできるか聞いてみると「メニューには無いですが、追加料金でできそうなのでやってみましょう」との返事をいただき、提供してもらうことができました。
記念すべき大盛注文第1号になりましたが、プレスデーの時の普通盛に比べて、ボリューム満点で大満足でした!

もう1つお願いした単品ライスもメニューにはありませんが、今後、提供検討とのことです。
実は前回、タイカレーをいただいた際に、このご飯が非常に美味しかったんです。聞けば、あきたこまちと雑穀米をバーミキュラで炊いているそうで、そりゃ、美味しいわけです。
スモアはプレスデーの際のパンではなくクラッカーがついてきましたが、食後を考えると良いですね。

就寝までの間、ゆるゆる感を満喫♪

カフェは混雑時は90分制限になるそうですが、幸い日帰りのカフェ利用の人たちが帰宅されたため、一段低いお座敷部分(?)が空いてました。
せっかくなので、ここで仕事させていただくことにしましたが、いやぁ最高です♪

最大のウリであるビーズソファーのYogibo(ヨギボー)は、極楽湯のセカンドブランドのRAKU SPA(らくスパ)でも見かけましたが、ここまでの種類はないと思います。
Gensen Cafeとコラボ展開されているので(Yogiboにはコラボ刺繍が入ってます)オプション類も結構あります。買おうと思っていたTraybo(トレイボー)も試すことができ、大満足!!
RAKU SPAの場合、Yogiboでくつろぎながらドリンクは飲めるものの食事は食堂を利用する形になります。ですのでYogiboでくつろぎながらの食事は初体験でしたが、クセになりそうで「人をダメにする(動きたくなくなる、元の生活に戻りたくなくなる)」というカフェの謳い文句を体感できました。

ちなみにこの場所は隅っこなので位置的には人気席ではないと思いますが、コンセントが近いので超快適なパソコン作業ができます。仕事が残っているけどプレミアムフライデーを楽しみたい人に超オススメです!

Gensen CafeとTHE RYOKAN TOKYOの組み合わせは最高でした!!

快適なドミトリーでぐっすり休み、朝起きて1時間半ぐらい温泉をいただきました。
朝食は追加料金で食べることができるのですが、前日までの予約制です。実はのんびりし過ぎて予約を入れ忘れてしまいましたので、また次回のお楽しみにとっておくことにしました。

プレスデーで体験した日帰り(11時~17時)も魅力的ですが、宿泊するともっと楽しめますね。特に土曜日の宿泊に比べて金曜日は安いので、プレミアムフライデー向きだと思います!
来月以降、皆さんもいかがでしょうか?

■GensenCafe
https://gensencafe.wixsite.com/gensencafe
■公式FBページ(フジテレビの「みんなのニュース」でも放送)
https://www.facebook.com/GensenCafe/
■THE RYOKAN TOKYO(宿泊予約可)
http://theryokan.jp/
■公式FBページ(NHKの「おはよう日本」でも放送)
https://www.facebook.com/TheRyokanTokyo/

今回のまとめ

mizicaチェック
贅沢気分 ★★★★★
自慢できる度 ★★★★★
女性満足度 ★★★★★
お値段 ★★★★
アクセス ★★
おさいふチェック
【ローソン】プレミアムシュークリーム…295円
【デニーズ】山盛りポテト…99円
【Gensen Cafe/THE RYOKAN TOKKYO】
ドミトリー1泊…2,790円/1人(日にちによって変動・入湯税別)
Gensen cafe自慢の鶏白湯ラーメン…890円
ラーメン大盛…100円(価格変更の可能性あり)
ライス…300円(価格変更の可能性あり)
スモア…600円
交通費など
ポイント
プレミアムフライデーは、色々なイベントが開催されるので、旅程に上手く取り込むと面白いと思います。
THE RYOKAN TOKYOのドミトリーの宿泊は館内着はつきますが、タオルは別です。温泉巡りなどを予定している場合は、自分のタオルを持参すると良いでしょう。
なお、ニュースでも話題になっているので混雑が予想されます。のんびりしたい人はあらかじめ公式サイトなどで状況確認することをオススメします。

ServicePlanner(ちよ子&和彦):

食べそびれてしまった朝食はプレスデーの取材時に行列を目撃した湯河原 十二庵でいただきました。地元湯河原の人気の豆腐屋さんで、週末限定の「すくいとうふ」が絶品でした♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事が良かったら
「いいね」しよう!

「2/24(金)、オープン初日のGensen Cafe(源泉カフェ)に1泊してプレミアムフライデーを満喫!」のアイキャッチ画像

この記事が良かったら「いいね」しよう!

最新情報をお届けします

10秒動画×地図 これからのSNS

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

mizicaな日常を地図付き動画で
保存できる動画SNSアプリ
いますぐ、アプリを使ってみよう!
  • 無料
    App Store
    QR
  • 無料
    Google Play
    QR