いよいよ2月12日に発表。9部門でノミネートされているビヨンセの結果は?2017年グラミー賞の主要4部門を大予想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2月12日に控えた2017年グラミー賞。2016年に話題になった作品が次々にノミネートされていき、一体誰が主要部門を獲得していくのか楽しみで仕方ありません!

その中でも圧倒的に存在感を放っているのが、R&Bの女王『ビヨンセ』。主要部門では新人賞を除く全てにノミネートされており、まさにビヨンセ祭りです。ただし、まだビヨンセがグラミー賞を獲得するとは決まっていないのも事実。どんでん返しもありえるのがグラミー賞の魅力でもあります。

今回は、グラミー賞の発表に備えて主要部門は一体誰が獲得するのかを、私なりに予想していきます。

【最優秀レコード賞】ビヨンセ「Formation」が受賞か!?

候補は以下の通りです。

アデル「Hello」
ビヨンセ「Formation」
ルーカス・グラハム「7 Years」
リアーナ ft. ドレイク「Work」
トウェンティ・ワン・パイロッツ「Stressed Out」

1曲に携わった人に送られる最優秀レコード賞。私の予想ではビヨンセの「Formation」が獲得する可能性が高いと思います。

有力だと思う最大の理由は、受賞歴の多さです。ビヨンセ「Formation」はグラミー賞にノミネートする前に、MTVという世界的に有名な音楽チャンネルが主催する、「ビデオミュージック・アワード」で、「Formation」や他楽曲で最多9部門も受賞しています。さらに、TIME誌では2016年のベストソングランキング1位に選ばれるなど素晴らしい受賞歴を誇っています。

この他にヨーロッパ最大の音楽祭では受賞はなくても、ノミネートされていたりといかに評価が高いかがうかがえます。

アデルの「Hello」も同様にビルボードランキングで1位を獲得するなど評価は高く、主要の音楽祭では同じ部門にノミネートされ、まさにライバル的存在ですが、残念ながらビヨンセの「Formation」が獲得することが多く、客観的な評価では一歩及ばない印象です。そのため、ビヨンセ「Formation」が受賞すると予想します。

【最優秀アルバム賞】ビヨンセ「Lemonade」の可能性大!

候補は以下の通りです。

アデル『25』
ビヨンセ『Lemonade』
ジャスティン・ビーバー『Purpose』
ドレイク『Views』
Sturgill Simpson『A Sailor’s Guide To Earth』

期間内に最も優秀なアルバムに送られる最優秀アルバム賞。どのアルバムも捨てがたいほど名盤が揃っているものの、この賞を獲得するのはビヨンセ『Lemonade』が有力だと思います。

ビヨンセの『Lemonade』は自身の内面や私生活、女性としての覚悟と向き合った2016年の傑作といわれています。ただし、ノミネート作の中にはジャスティン・ビーバー『Purpose』やドレイク『Views』なども同様のテーマの作品あります。

しかし、その中でも圧倒的にストイックな姿勢で向き合い、強烈なメッセージ性が込められています。それを先鋭的なサウンドに乗せることで、ビヨンセが全女性の代表だと頷いてしまうようなクオリティーの高さを誇っており、他のアルバムとはメッセージ性や完成度が頭一つ飛び抜けてしまっています。

さらに商業的な面でも全米、全英のアルバム・チャートで1位を獲得しただけではなく、iTunesでは世界102カ国で1位を獲得。ストリーミングでは、週間再生回数が1億1520万回以上を誇っており、まさに2016年を象徴するアルバムとなっています。

そのため、最優秀アルバム賞はビヨンセの『Lemonade』が獲得する有力といえるでしょう。

【最優秀楽曲賞】イギリスを代表するアデル「Hello」か!?

候補は以下の通りです。

ビヨンセ「Formation」
アデル「Hello」
マイク・ポズナー「I Took A Pill In Ibiza」
ジャスティン・ビーバー「Love Yourself」
ルーカス・グラハム「7 Years」

ソングライターに送られる最優秀楽曲賞。この賞を取るのはアデル「Hello」が有力だと思います。

その理由は、まず最優秀レコード賞で予想したビヨンセ「Formation」と同様にアデル「Hello」も高評価を受けてきたからです。
ランキングでは全米、全英ともに1位を獲得し、その後イギリス最大の音楽祭ブリット・ポップ・アワードでは最優秀女性ソロアーティスト賞を受賞しています。さらに、PVの再生回数は10億回以上と2016年のイギリスを代表する楽曲でもあります。

正直、ここまでの高評価を得ておきながら最優秀レコード賞か最優秀楽曲賞を獲得できないのはおかしいです。そのため、最優秀楽曲賞はアデル「Hello」が有力ではないのかと思います。

【最優秀新人賞】くるのはチャンス・ザ・ラッパーか!?

候補は以下の通りです。

Kelsea Ballerini
ザ・チェインスモーカーズ
チャンス・ザ・ラッパー
Maren Morris
Anderson .Paak

その年に最も優秀だとされる新人に贈られる最優秀新人賞。この賞を獲るのにふさわしいのはチャンス・ザ・ラッパーだと思います。

なぜなら、ノミネート者の中でも一際2016年注目を集めてきたからです。2016年に発表したミックステープ「Coloring Book」はストリーミングでの配信のみだったにもかかわらず、全米8位に。この記録はこれまではCDの売上が重視されてきたビルボードで史上初の歴史的快挙となっています。
そして、アーティストとしての世間の注目度も高く、アップルが主催する音楽祭アップルミュージックフェスティバルでは、カルビン・ハリスやアリシア・キーズなどの大物アーティストが名を連ねる中で、大トリとして登場するなど、新人としては異例の待遇で迎えられています。

さらに、彼のスゴイところはレーベルに所属していないということです。そのため、他のアーティストに比べると宣伝などのサポートも皆無の状態です。

それなのに、ここまで飛躍しているのは、それだけ売れているという証拠でもあります。新人とは思えないほどの実績を残しているので、受賞しない理由が見つかりません。そのため、最優秀新人賞はチャンス・ザ・ラッパーが獲得すると予想します。

一体誰が獲得するのか楽しみ過ぎる…!!

各賞の受賞予想は以下の通りです!

最優秀レコード賞・・・ビヨンセ「Formation」

最優秀アルバム賞・・・ビヨンセ「Lemonade」

最優秀楽曲賞・・・アデル「Hello」

最優秀新人賞・・・チャンス・ザ・ラッパー

私の予想はこうなりました!
もちろんノミネートされている楽曲やアルバム、アーティストはどれも素晴らしいです。選ぶのにも相当悩みました。その中で、さまざまな実績や評価をかけ合わせて私なりに考えた結果、上記の予想となりました。

ただし、これはあくまで予想です。グラミー賞の選考方法は極秘となっているので何が選ばれるのかは、授賞式当日でしかわかりません。

そのため、その間は自分なりの予想を立ててみるのも、面白いですよ。きっと2月12日のグラミー賞授賞式が待ちきれなくなってくるはずです!

がねりん:

ライター歴は約2年程。姫路在住。洋楽大好き。
洋楽サイトも運営中です。もしよかったらそちらも覗いてみてください!http://yougaku24.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事が良かったら
「いいね」しよう!

この記事が良かったら「いいね」しよう!

最新情報をお届けします

10秒動画×地図 これからのSNS

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

mizicaな日常を地図付き動画で
保存できる動画SNSアプリ
いますぐ、アプリを使ってみよう!
  • 無料
    App Store
    QR
  • 無料
    Google Play
    QR