おふろCafe 美肌湯 bijinyu ダブル温泉で美人に!静岡のゆるゆる贅沢空間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
静岡【おふろCafe 美肌湯 bijinyu】2つの温泉、うたたねラウンジ、ヒトシェルフでくつろごう!のアイキャッチ

すでにご紹介した「おふろcafe bivouac(ビバーク/埼玉県熊谷市)」と「おふろcafe utatane(ウタタネ/埼玉県さいたま市)」の系列店が静岡県にもあるんです。
その名は「おふろCafe 美肌湯 bijinyu」です(以下、bijinyu)。
良質の温泉に入って、飲み放題のコーヒーを楽しみながら、クッションでごろごろ、ハンモックでゆらゆらしつつ漫画を読める大人気のお風呂カフェ。その魅力をお伝えしていきたいと思います。

静岡の大注目スポット「bijinyu」って?

2015年11月に旧「美肌湯」を「おふろCafe」のブランドで新装オープンした現在の「bijinyu」は、評判の良い2種類の温泉に加えて、コーヒー、漫画や雑誌、マッサージチェアーなどを無料で楽しめるお風呂カフェ。
ちょっとお小遣いを出せば、和カフェでのティータイムやエステでのリラクゼーションも味わえます。

23時間営業になります。 #11月19日から#おふろcafe #おふろカフェ #bijinyu #美肌湯 #びじんゆ

A post shared by 【静岡】おふろcafe bijinyu (@ofurocafe.bijinyu) on

JR静岡駅から最寄りのバス停まで15~20分、徒歩で5分の場所にあります。残念ながら送迎バスはないのですが比較的本数が多い路線のため、不便は感じないと思います。
車を利用する場合も東名・新東名の各インターから20~25分、無料の駐車場もあるので便利です。

綺麗に撮れる写真スポットがたくさん!

インスタでお友達に綺麗な写真を見せたい人にはうってつけです。bijinyuの館内にはところどころに季節や和を感じさせてくれるしかけが散りばめられており、脱衣場とお風呂以外は撮影可能。

#0131 #おふろcafe #美肌湯 #bijinyu #静岡市 #relaxtime #l4l

A post shared by Yuki Okada (@yu_ki_okada) on

盆栽や植物がお好きな方には、たまらないですね。

寄せ植えしました。#多肉植物 #おふろカフェ #美肌湯と書いてびじんゆ

A post shared by 【静岡】おふろcafe bijinyu (@ofurocafe.bijinyu) on

どんどん増えたり入れ替わったりするようです。

バイト生活抜け出し最高でしたー。 #0226 #休暇 #l4l

Takumi Endo.さん(@1dstockholmsyndrome.zayn.love)がシェアした投稿 –

訪れたお客さんも、それぞれが見つけた撮影スポットで数々の写真を撮ってます。

純和風ではない居心地の良い和モダンな空間

昔ながらの日本家屋には良さがありますが、今は洋室に慣れている人も多いので100%和の空間ですと逆にリラックスできない人も少なくありません。bijinyuでは和にこだわりつつも居心地の良さを最大限に追及しています。

この空間で、ゆっくり珈琲を飲みながら本を読む方、湯あがりにくつろがれる人も多いです。おふろcafeブランドでは定番の暖炉もあり、友達や恋人とくつろぎつつ、記念写真を撮っている人もたくさんいます。

源泉の異なる2種の温泉が奏でる相乗効果

. ほんと良いところだったので 定期的に誰か行こ〜〜 #おふろcafe #0206

A post shared by chieko sumiya (@sschieko) on

実はbijinyuの温泉をガッカリされるされる人もいるようです。その理由は「露天風呂が無い」のと「敷地内の湧出ではない(源泉からのタンクローリー移送)」です。
確かに洗練された館内の空間に比べますと旧美肌湯から大改装されていないお風呂場は一昔前の印象です。しかし露天風呂が無くとも温泉そのものをしっかり味わうことができます。そして湧き出る源泉かけ流しではないですが、このbijinyuの温泉は非常に魅力的なのです。

珍しいのは「カブラヲ温泉」です。これは硫黄の香りがしますが、硫黄は酸性の物質です。そのため、一般的に硫黄泉と言えば草津温泉のような白濁した酸性泉が多いのですが、カブラヲ温泉は硫黄泉でありながらアルカリ性です。温泉が好きな人ならピンと来るかも知れないのですが、美肌の湯として有名な月岡温泉(新潟県)に類似します。
硫黄泉はメラニン抑制作用が、アルカリ性の温泉は角質を柔らかくして肌がすべすべになるため、美肌の湯なのです。

もう一つの「籠上温泉」もアルカリ性ですが、単純温泉なのでカブラヲ温泉に比べてやわらかいお湯です。より成分の豊富なカブラヲ温泉だけでも良いのでは…と思われる人もいるかも知れません。
しかし単純温泉は優しい温泉でもあり、より長く長時間かけて成分を肌に浸透させることができます。bijinyuでは不感温浴という体温に近い34℃~37℃程度の超ぬる湯で籠上温泉を味わえるようにしています。

その上、女性には無料の泥パックも提供され、2種類の温泉に加えたトリプル効果を堪能できるのです。

キーワードは「おひるね」です


先ほどの暖炉のある空間は1Fでしたが、それ以上に魅力的なのが2Fの空間です。漫画や雑誌が自由に読めるライブラリ、うたたねラウンジ、ハンモックなどなど、ゆったりまったりのんびりくつろげる「おひるね空間」が広がっています。
男性の私ばかりが語っても説得力に欠けますので、実際に楽しまれている女性の皆様の投稿をご紹介します。

. ハンモック♨️ #おふろcafe #0206

A post shared by chieko sumiya (@sschieko) on


どのお風呂カフェでもハンモックは人気スポットなので、なかなか空きません。どうしても体験したい人は開店直後、あるいは深夜の時間帯を狙うと良いでしょう。


こちらの不思議な空間も人気スポットです。実際に入りましたが、無料コーヒーを持ってきて漫画など読みながらゴロゴロしていると表に出たくなくなります。


記念写真に欠かせない場所ですが、冒頭でお伝えした通り館内全体がインスタスポットなので、bijinyuだけで10枚以上撮れると思います。


子供のころに狭い押入れのような空間が好きだった人も多いと思いますが、まさに童心に帰ることができる空間で「ヒトシェルフ」という名称があります。

今日は午前中からマッタリ中♪

A post shared by Yasuyuki Hiraki (@hirayas2628) on


無料のパソコンやiPadも用意されています。館内には無料Wi-Fiもあって電源コンセントも自由に使え、実はこの原稿の下書きはここで作成しました。

A post shared by Jun Takeda (@j_takeda) on


「うたたねラウンジ」と呼ばれる空間には無料のマッサージチェア、リクライニングシートなどが並びます。リクライニングシートは1人用ですが、2つで1セットになっているので恋人や夫婦での利用がしやすいです。
そして3つだけソファーベッドの特等席があるのですが、深夜滞在時に仮眠させていただきましたが、非常に快適に眠ることができました。もちろん無料ですが早い者勝ちです。

食事なら「黒はんぺん」がオススメ!


健康志向の高い凝ったメニューが並ぶのですが、スタッフさんに「せっかくなら静岡名物を食べてみたいのですが、どれが良いですか?」と尋ねると、この「黒はんぺんフライ」を勧められました。普通の白いはんぺんに比べて甘みを強く感じる絶品で、ソースがついてきたのですが、ソース無しでも美味しく食べられます。
単品メニューなので、お酒と一緒に頼んだり、あるいは他の料理と組み合わせることもできます。せっかくですので、他の皆様の召し上がった食事もご紹介しましょう。

親子丼ぶり💕😘 ふわふわ卵と、雑穀米の中にお肉が入ってて美味しい😋

A post shared by はやし (@hayamayu925) on


親子丼。卵に肉が入っているのではなく、雑穀米の鶏ご飯になっている珍しいタイプです。優しい味わいなので多くの女性が頼まれてました。


まぐろとしらすのおんたまご飯


しらすとチーズの焼きむす

漁師のしらすご飯 出汁つき 780円 #bijinyu #まかない

A post shared by 【静岡】おふろcafe bijinyu (@ofurocafe.bijinyu) on


漁師のしらすご飯 出汁つき

しらすアボカド丼

A post shared by すみ (@prt_smk) on


しらすアボカド丼…と、しらすは静岡の名産品ですので、多くのバリエーションがあります。

そして仕上げはスイーツ…なのですが、アイスをおつまみにハイボールというのもお風呂カフェらしい楽しみ方だと思います!(笑)

何故かお風呂上りはアイスとハイボール

A post shared by aibby (@akiko_miwa_) on

おふろcafe bijinyuのまとめ

おふろcafeブランドの各店はぞれぞれに特徴がありますが、bijinyuの場合は間違いなく「温泉」だと思います。日常生活のストレスから解放される夢のような空間の中で、良質な温泉に入りながらのんびりと過ごせる至福のひととき。
スーパー銭湯と考えれば1,380円は高いかも知れませんが、一般的なスーパー銭湯とは全く異なる時を過ごすことができます。お風呂カフェ、いや「お風呂のあるラウンジ空間」として考えれば、むしろ破格ではないでしょうか?
なお、大手温泉情報サイトでクーポンが掲載されている場合があります。記事掲載時点では以下のものがありますので、さらにオトクに楽しめると思います。
■@nifty 温泉
https://onsen.nifty.com/shizuoka-onsen/onsen002679/
■乗換案内ジョルダンクーポン
https://cp.jorudan.co.jp/coupon/spot/TRV10627/

春の装いになりました。明日10時オープンです。

A post shared by 【静岡】おふろcafe bijinyu (@ofurocafe.bijinyu) on

おふろCafe bijinyu 美肌湯
http://ofurocafe-bijinyu.com/
静岡市葵区籠上15-15
10:00-翌朝9:00
和カフェ 11:00-23:00 ラストオーダー22:30
定休日 第3火曜日

mizicaチェック
贅沢気分 ★★★★
自慢できる度 ★★★★★
女性満足度 ★★★★★
お値段 ★★★★
アクセス ★★★
おさいふチェック
入館料(フリータイム) 大人1,380円/1人
食事代 1,500円程度/1人
ポイント
他のお風呂カフェに比べると全国的な知名度は低いので穴場的な存在かもしれません。しかし注目度が高まっているため、駐車場には静岡県以外のナンバーの車も少なくありません。埼玉県のutataneやbivouacに行かれたお風呂カフェ好きの人には間違いなくオススメです(bijinyuはフランチャイズ店なので会員券は別になります)。

草柳和彦(くさやなぎ・かずひこ):

温泉ソムリエ。今回のbijinyuで「株式会社温泉道場」の手がけるブランドを5店舗制覇。残りは三重県の「天然温泉ユラックス」だけ…と言いたいところですが、埼玉県の奥地にある「お風呂cafe 白寿の湯」はお風呂cafeになる以前に行ったきりなので再訪を狙ってます。utatanebivouacは白寿の湯の温泉を運んでいるようなのですが、(濃すぎて設備破損するので)加水しているそうで、本来の白寿の湯の【伊香保温泉を上回るぐらいの褐色のお湯】とは全然違うんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事が良かったら
「いいね」しよう!

静岡【おふろCafe 美肌湯 bijinyu】2つの温泉、うたたねラウンジ、ヒトシェルフでくつろごう!のアイキャッチ

この記事が良かったら「いいね」しよう!

最新情報をお届けします

10秒動画×地図 これからのSNS

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

mizicaな日常を地図付き動画で
保存できる動画SNSアプリ
いますぐ、アプリを使ってみよう!
  • 無料
    App Store
    QR
  • 無料
    Google Play
    QR