フェリーに乗って行ってきた!日本のギリシャ【小豆島】で瀬戸内海を満喫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フェリーに乗って行ってきた!日本のギリシャ【小豆島】で瀬戸内海を満喫のアイキャッチ

日本で初めてオリーブオイルを作ったのは、何処でしょう?
小豆島です!
国内最大の生産量を誇る小豆島は、瀬戸内海にある離島です。
兵庫の姫路、明石海峡、淡路島、鳴門海峡、四国に囲まれた、香川県で一番大きい島です。
上から見ると、牛が横を向いたような形なのが特徴です。

その小豆島に、フェリーで行ってきました。
二十四の瞳の映画村や、小豆島オリーブ公園、エンジェルロードなどなど。
フェリーも乗れて、瀬戸内海の綺麗な海が楽しめる小豆島、ご紹介します。

フェリーにも特典があります

小豆島は、フェリーで向かいます。
神戸港から坂手港までの、小豆島ジャンボフェリ―。
姫路港から福田港までの、小豆島急行フェリー。
高松港からは内海フェリー、国際フェリーなどあります。

2017年2月現在ですと、

神戸~小豆島のジャンボフェリー半券で5日間、特典GET!

がおススメです。

映画村入場券の割引、売店10%オフや、ソフトクリーム50円引き、
佃煮プレゼント、甘酒サービス、温泉の割引券などついてますので、
計画を立てる時には、是非チェックしてみてください。

姫路港から、小豆島フェリーに乗って出発です。

乗りました。海は広いな、綺麗だな。
上や横、後ろ、どの角度でもご覧いただけます。

ロープウェイで寒霞渓へ

小豆島に来たら、日本三大渓谷美にも数えられている
寒霞渓】ぜひ、行って見てください。

これは、紅葉の時期ですが、どの季節でも眼下に広がる景色は壮大です。
展望台に上がったら、瀬戸内海の島々を見ましょう。

干潮の時だけ現れるエンジェルロード

恋人の聖地に認定され、恋人たちには外せない観光スポット
「エンジェルロード」
こちら、観光スポットとしても大人気です。

1日2回、干潮の時だけ現れる500メートルの細長い道。
干潮の時間帯を調べて、ふたりで歩いてみてください。
いつまででも、見ていられます。
小さな鐘もありますから、思い出に鳴らしてみるのも良いですね。

道の駅 オリーブ島公園

小豆島に来たら、訪れていただきたいスポット、【道の駅オリーブ公園
小豆島は、ギリシャのミロス島が姉妹都市で、この公園内、
地中海気分を味わえる建物に、うっとり。
たくさんのオリーブの木に囲まれ、広がる芝生。
長閑さにお土産選びもはかどります。ソフトクリームも食べたいですね。

ここが写真スポット!

真っ白な風車、絵になります!

見晴らしも良くて、時間を忘れてしまいます。

二十四の瞳映画村

壺井栄の小説で、1954年に公開され、その撮影セットを改築。
映画の名場面が、そのまま見れるのが【二十四の瞳映画村】です。

小豆島は、いろんな映画で舞台に

「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」「魔女の宅急便」
他にも、いろんな映画でロケに使われている小豆島。
2011年に公開された映画「八日目の蝉」も、小豆島でロケをしています。
日本アカデミー賞で10部門で最優秀賞を受賞した作品ですから、見た方も多いのでは?

本を読んだことがある人、映画を見たことがある人、
それぞれが得た主題を、小豆島の景色を見ながら、また反芻できる。
巡っているうちに、現実を忘れてしまいそうになりながら、
映画や本の世界と、今居る現実に戻れる不思議な場所です。

二十四の瞳映画村を360度で!

360度でも撮ってますので、ご覧ください。

その他の360度動画は、以下からご覧ください。

岬の分教場。机やオルガンなど残されています。

香川は、うどん県ですが、小豆島は、手延べそうめんが特産品です。

明治時代に作られた醤油、佃煮工場

洗濯物が!

ゴジラの看板!

★映画館「松竹座」では、「二十四の瞳」が上映しています。
好きな人にはたまらない、1950年代の古き良き日本の映画黄金期の紹介や、
アルマイトの給食セットが見られるのは、「キネマの庵」。

さよなら、小豆島。また来たい、小豆島。

一日は、あっという間。フェリーで帰宅です。
余韻をかみしめて。
寒霞渓、二十四の瞳映画村、オリーブ公園、エンジェルロード。
白い風車と青い海。
きっとまた来たいと思う。カップルは最初は日帰りで行って。
次からは1泊か2泊はしたいかも。

さよなら、小豆島。また来たい、小豆島。

この他の動画は、【#小豆島】から、どうぞ。360度動画は、【こちらから。

小豆島 

今回のまとめ

mizicaチェック
贅沢気分 ★★★★
自慢できる度 ★★★★
女性満足度 ★★★★★
お値段 ★★
アクセス ★★
おさいふチェック
フェリー代 1,520円+5,420円(往復)/1人
寒霞渓 ロープウェイ 1,350円(往復)/1人
二十四の瞳映画村 入場料 750円/1人
ポイント
フェリー代がどうしてもかかるので、お得なセットなど探すのがベター。「マルキン醤油記念館」の醤油ソフトクリームはおさえたいところ。ここでしか食べられません。日帰り温泉が入れるオリーブ温泉は、恐竜時代の地層から湧き出た温泉ということで、ここでしか入れない!1人700円で入れるので時間があれば是非入ってゆっくりしていただきたい。

トミー:

神出鬼没ですが、大阪ときどき東京です。いつ寝てるか不思議がられ、トミーが何人もいる説がささやかれているらしいです。でも安心してください、私は1人です!(笑)

10秒動画×地図 これからのSNS

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

mizicaな日常を地図付き動画で
保存できる動画SNSアプリ
いますぐ、アプリを使ってみよう!
  • 無料
    App Store
    QR
  • 無料
    Google Play
    QR